PARTY PHOTO

結婚式持ち込み・外注カメラマン 写真ビデオ撮影3万円~安心の400会場以上の実績!プロフィールビデオ全プラン無料・挙式前から全部撮り枚数制限無し!


写真の関連情報

写真(しゃしん、寫眞、英語: photography)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。 英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」と訳される。"photograph"から、略して"photo"(フォト)と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を挙げるためには、数百万円もの費用がかかることも珍しくありません。一生に一度の晴れ舞台だと思うと、ついついお財布の紐が緩んでしまう新婚さんが多いようです。しかしながら、工夫次第で結婚式にかかるお金を節約することができます。その方法のひとつが、アイテムの持ち込みを活用することです。一般的に、引き出物やペーパーアイテムなども結婚式場で手配することができますが、これらのアイテムには結婚式場の取り分として料金が上乗せされています。それを自分で用意することで、結婚式場に依頼するよりも料金を低く抑えられるというテクニックが使えます。その代わりに持ち込み料と言って、自分で用意したものを使用するためのお金を支払わなければならないこともありますが、それでもトータルのお値段はお安くできるでしょう。持ち込みをするための準備にかかる手間や時間は必要ですが、より手作り感のある演出ができるので、ゲストにとっても暖かみの感じられる式にできるというメリットもあります。更に上級な節約術として、当日の写真やビデオを撮ってくれるカメラマンを持ち込みするという荒業もあります。通常、結婚式場では専属のカメラマンが撮影を担当しますが、実は外部のフリーのカメラマンに依頼した方が依頼料はお安くなる傾向があります。大々的に「外部のカメラマンを雇います」と言うと断られるケースもあるので、そのような場合には招待客の一人としてカメラマンを紛れ込ませてもらうのも手です。ゲストと同じテーブルにカメラマンに居てもらった方が、カジュアルでよりゲスト目線の写真が残せるので、アットホームな雰囲気の結婚式をしたいというカップルにはおすすめです。そこまでしなくとも招待客の中に写真撮影が上手な方がいらっしゃれば、そもそもプロのカメラマンに依頼しなくても良いのではと思われるかもしれませんが、一生残る記念の写真になるため、プロに依頼した方が良いでしょう。
Tagged on: , 結婚式カメラマン持ち込み 外注 写真ビデオ撮影400会場超の実績と品質